贈ると喜ばれる!大切な記念に最適なノベルティにはどんなものがあるのかご紹介します!

このサイトでは、各企業が提供をしているノベルティについて解説をしていきます。
会社のPRも兼ねているのが特徴ですが、もらう側としては記念になりつつ実用性のも長けているものだとより満足感が高まるでしょう。
贈ると喜ばれるものとは一体どのようなものなのか、簡単に一例を述べながら詳しく見ていくことにします。
これから自社でアイテムを用意する、または一新したものを作るという方々にとって、役立つ情報となれば幸いです。

贈ると喜ばれる!大切な記念に最適なノベルティにはどんなものがあるのかご紹介します!

ノベルティとなるアイテムはたくさん存在しますが、そのなかでも記念品というスタイルの価値があるのが名入れボールペンです。
ノベルティでは少しコストをかけて高品質なものを用意するのが理想的です。
実用性に長けているものほど使用頻度が高くなるため、長持ちするものをノベルティに採用する方が宣伝効果も高くなります。
記念品ではあるものの、自社PRもしっかりとできるようにしましょう。
名入れボールペンはその代表格です。

専門業者が提供している予算で選択できるノベルティのプラン

ウェブサイトにはノベルティグッズの専門業者が運営する通販サイトがありますが、利用者となる企業側がアイテムを探しやすいように、予算で選択できるように便利な絞り込み機能を持たせている通販サイトも複数あります。
このようなノベルティグッズの専門店ではプランを提示しているので、シミュレーションも行えるように配慮していることも珍しくはありません。
例えば同一のアイテムに対して、シミュレーションで個数を500個とした場合、瞬時にトータル費用を確認でき、1,000個でシミュレーションをした場合は同じように瞬時に計算されたトータル費用を確認すると1個当たりの単価が下がっていることに気付きます。
専門業者による違いはありますが、ノベルティグッズの場合は名入れを施すことが多いので、予算の範囲内で名入れを含むプランもシミュレーション機能から簡単に提示することを行っています。
企業側は便利機能によって個数や名入れの範囲、1個当たりの単価をいつでもネット上から確認できるので選択肢の幅が広がるメリットを感じることができるのではないでしょうか。

ノベルティをプレゼントすることで得られる様々な効果で訴求力を高める

民間企業は売り上げを高めて利益を発生させなければ経営が困難になってしまうため、自社で販売している商品やサービスを広く知ってもらう活動を積極的に行っています。
代表的なのはマスメディアを活用したコマーシャルですが、これは視聴者層が特定できないので、商品を開発する場合のターゲットでコンセプトが絞りにくくなってしまいます。
この部分を回避するために行われている方法にノベルティがあり、これは物品を顧客側に直接提供できるので、求めている購入者層を特定できるというメリットがあります。
ノベルティの効果は受け取った相手が長く手元に置いてくれることで、印刷されている内容を見て企業が宣伝したい内容を記憶するということです。
ここで記憶した内容は企業の収益に関係することがあるので重要であり、宣伝を購入者に知ってもらう訴求力にも繋がるでしょう。
また、ノベルティは数量を限定して生産されるので初めから希少性があることから、そこにコレクション効果のあるキャラクターなどを使用すれば、訴求力を高めることも可能です。
実際に過去には無料で配布されているノベルティの物品が高額で取引されたこともあり、本来の目的とは違いますが、どのような事情であっても注目されるというのはいい宣伝活動になるでしょう。

小ロットからでも注文できるノベルティ

ノベルティグッズというと、企業が販売促進目的で作るものというイメージが強いかもしれません。
ですが実際には、同人誌即売会でおまけとしてノベルティグッズを作成したり、或いはオリジナル雑貨をオンラインで販売したりと、個人で作成するのはそれほど難しくはありません。
そして、ノベルティグッズというと、100個や千個単位など、大ロットでしか作れないと思っている方がいるかもしれませんが、実は小ロットでもノベルティグッズを作成し注文することは可能なのです。
ではどのように作成できるのかをご紹介します。
小ロットで作成をするのなら、ネット通販のグッズ作成サイトから依頼するのがおすすめです。
サイトによっては、お試しで一個目は無料など、試しに作るだけであれば料金が発生しない場合もあります。
注文単位も10個からなど、少数からでも制作可能なサイトがあるので、そのようなサイトを検索する際には「初心者向け」などのキーワードを設定して探すと良いでしょう。

ノベルティに会社名やサービス名などを刻印して宣伝効果を狙う

ノベルティを作る最大の理由は、会社名やサービス名をより多くの人に知ってもらいたいからです。
それにも関わらず、無地で何の情報もないノベルティアイテムを渡したところで、一体何の意味があるというのでしょうか。
もちろん、必ずしも名入れをしなければ無意味だという訳ではありません。
しかし、せっかく作るのであれば会社名やサービス名をしっかりと刻印し、世間的に誰もが知っている存在になることを目指したり、集客効果を高めたりといった宣伝効果を狙う方が良いでしょう。
ノベルティを手にした人がそれを使う瞬間、会社名やサービス名が目に飛び込んできますし、使用する時に周りに人がいれば、周囲の人にも宣伝できるといった二次的な宣伝効果を狙えるという訳です。
ノベルティアイテムに刻印するのは難しいことではなく、名入れを行っている専門ショップに依頼するだけでOKです。
邪魔にならない位置に名入れをすると抵抗なく使えますし、それだけで他にはないオリジナルアイテムになるのでおすすめです。

著者:安倍清子

筆者プロフィール

長野県伊那市生まれ。
ノベルティグッズを利用した販売促進に精通しているライターです。
小ロットでノベルティを注文